pagetop

お墓の継承する際に必要になるもの/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

お墓の継承する際に必要になるもの

お役立ち情報,名古屋市天白区
タグ:名古屋市天白区 遺品処分,名古屋市天白区 遺品整理,愛知 生前整理

みなさんこんにちは、名古屋市天白区で不用品回収を行なっているオールサポート名古屋です。
お墓を所有している方がなくなった場合、墓地を受け継ぐ必要があります。 民放では、お墓は亡くなられた方の相続人が相続すると定められています。 故人が遺言書を残している場合、遺言書の中で故人からの相続人の指定があれば従います。 遺言書がない場合は、相続人同士での話し合いをして進めていきます。 監修に従うと長男がお墓を引き継ぐことが多いですが、遠方に住んでいたり管理が難しい場合は長男に限らずに、親族から適任者を決めていきます。
継承者が話し合いの末決まらなかった場合、家庭裁判所に申し立てを行わなければならないため、可能な限りは話し合いで決めた方が良いでしょう。
■お墓を継承するためにかかる費用 お墓を継承する費用は、お墓の場所や規模によっても異なります。 お墓を新しく立て直す場合は、寺院に納める永代使用料や墓石代、工事費用などがかかります。また年間の管理費の支払いも必要になります。
■お墓の継承に必要な書類 お墓の所有者が亡くなられた時、お墓の名義変更を行う必要があります。 お墓の継承者を話し合いの上決めてから、墓地の管理者に届け出てお墓を引き継ぐことになります。
お墓を引き継ぐために必要になる書類は ・墓地使用権承継承認申請書 ・永代使用許可書 ・故人と継承者の続柄確認できる戸籍謄本など ・申請者の住民票または戸籍謄本 ・実印または捺印 ・銀行口座振替用紙 です。
お墓を引き継ぐ際の費用は高額になる場合が多いです。 最近では先祖代々受け継いで来たお墓も、継承する人がおらず無縁墓になってしまうことが増加しています。また、遠方に住んでいてお墓の管理をなかなかできずにお墓自体を撤去し永代供養を選択する方法を取る方が増えて来ています。
お困りごとの際はオールサポート名古屋までご相談ください。