pagetop

シャワーカーテンにできてしまったカビ汚れの除去方法/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

シャワーカーテンにできてしまったカビ汚れの除去方法

お役立ち情報,愛知県犬山市
タグ:愛知 ゴミ屋敷清掃,愛知県犬山市 ごみ屋敷,愛知県犬山市 ゴミ屋敷

ゴミ屋敷 紹介
みなさんこんにちは、愛知県犬山市で不用品回収を行なっているオールサポート名古屋です。
ユニットバスについているシャワーカーテン。 掃除をせずに放置しているとカビが生えてしまったという方も多いのではないでしょうか。
今回はシャワーカーテンにできてしまったカビ汚れの除去方法についてご紹介いたします。
■シャワーカーテンにどうしてカビが生える? シャワーカーテンにカビが生えてしまう条件はいくつかあります。 ・湿度が高い ・気温が高い ・密閉空間で空気の流れがない ・石鹸カスや皮脂などの栄養源がある。 カビ対策をせず汚れを放置していると、シャワーカーテンはどんどんカビが生えてしまいます。
■カビの落とし方 カビを取るためにカビとり用洗剤とビニール手袋を用意します。 まず、浴槽にお湯をためカビとり用洗剤を入れましょう。その中にシャワーカーテンを入れつけ置きします。1時間程度つけおきをした後、浴槽から出してビニール手袋をはめてスポンジで汚れを落としましょう。 最後にしっかりと水洗いをして、カーテンレールに戻して乾かしましょう。
■シャワーカーテンをカビさせない予防方法 カビないように、シャワーカーテンについた石鹸カスなどの汚れは入浴後に洗い流しましょう。この時にお湯で洗い流すのではなく、水で洗い流すようにしましょう。 そして、換気扇をつけるなどしてシャワーカーテンをしっかり乾燥させましょう。
■カビが取れない場合は カビがどうしても取れない場合はシャワーカーテンを新しくしましょう。 ただ浴槽がカビの温床となっていることもあるため、新しくしたところですぐにカビが生えてしまうかもしれません。 そのため、浴室全体をプロの清掃業者に依頼して綺麗にしてみてはいかがでしょうか。 当社オールサポート名古屋も浴室内の掃除のお手伝いをさせていただいております。 お困りの際は一度ご相談くださいませ。