pagetop

処分方法がよく分からないもの1/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

処分方法がよく分からないもの1

お役立ち情報,名古屋市中川区
タグ:名古屋市中川区 不用品回収,名古屋市中川区 かたづけ,名古屋市中川区 ごみ屋敷かたづけ,名古屋市中川区 遺品整理,名古屋市中川区 部屋かたづけ

みなさんこんにちは、名古屋市中川区で不用品回収を行っているオールサポート名古屋です。
今回は捨て方に迷うものの廃棄方法についてご紹介いたします。
1.布団などの寝具
使っていない古い布団の処分方法に悩んでいる方もいるのではないでしょうか。
(1)粗大ゴミとして出す。 自治体が実施している粗大ゴミ回収を利用して布団を処分しましょう。 各自治体によって回収の仕方が異なるので、ホームページや電話で確認しましょう。
費用に関しては比較的少なく済み、平日に時間がある人にはオススメです。 仕事が忙しいサラリーマンの方は時間が合わず捨てることができない場合があります。 また、粗大ゴミとして捨てる場合、重い布団をゴミ捨て場まで運ぶ必要があります。 足腰が弱って重いものを持てない高齢者の方や力の弱い女性の方は大変かもしれません。
(2)可燃ゴミとして出す。 基本的に大きな布団を可燃ゴミとして回収することはできません。 しかし、自分自身で布団を細かく切り刻みゴミ袋に詰め込めばゴミを回収してもらえる可能性が高いです。
ただこのやり方は素材によってはオススメしません。 ハサミを使って布団を小さく切ろうとすると大変の労力を要します。 また、羽毛布団だと切った時に羽毛が部屋中に飛び散り、後々の掃除が大変です。
費用をどうしても抑えたいという方はやってみても良いかもしれません。
(3)不用品回収業者に依頼して処分する。 布団はリユースなどが難しく、古くなってしまった布団は廃棄するのが一般的です。 家の中に布団以外の不用品があって合わせて捨てたいという方は不用品回収業者に依頼するのがオススメです。
次回に続きます。 お困りごとの際はオールサポート名古屋までご相談ください。