pagetop

忌み言葉って?挨拶で失敗しないために。/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

忌み言葉って?挨拶で失敗しないために。

お役立ち情報
タグ:名古屋市北区 ごみ屋敷かたづけ,名古屋市北区 不用品回収,名古屋市北区 かたづけ,名古屋市北区 遺品整理,名古屋市北区 部屋かたづけ

みなさんこんにちは、名古屋市北区で不用品回収を行っているオールサポート名古屋です。
喪主は葬儀に関するすべてのことを決定する権利があります。 葬儀の費用、日時、形式に関することを親族と相談して決めていきます。
また、喪主の大切な役割のひとつに「挨拶」があります。 お通夜の読経が終わった後や通夜振る舞い、葬儀・告別式の最中、閉式のタイミングで挨拶が求められるため、事前に伝えたいことをまとめたりなど心の準備をする必要があります。
挨拶の長さの目安は3分以内です。 一つ一つの言葉を丁寧に、ゆっくり落ち着いて話ましょう。 挨拶の内容に入れたいのは主に5つです。 ・自己紹介と故人との関係性 ・弔問へのお礼 ・生前のお礼 ・生前での故人とのエピソード ・家族への力添えのお願い
特に故人とのエピソードに関しては自分の言葉で伝えるようにしましょう。 また、葬儀中に使うことを避ける言葉「忌み言葉」というものがあります。 下記のような言葉は避けましょう。
■不吉な言葉 ・迷う・大変・落ちる・九や四
■重ね言葉 ・重ね重ね・いよいよ・度々・ますます
■不幸が続くことを連想させる言葉 ・続いて・追って・再三
■生死に関する言葉 ・死ぬ・急死・生存・生きる
これらはほんの一例であり忌み言葉たくさんあります。 挨拶を考える時はネット等で細かく調べましょう。 もし不安であれば年配者の方に問題がないかなどを相談してみても良いでしょう。
お困りごとの際はオールサポート名古屋までご相談ください。