pagetop

名古屋市で空き家を所有の方、遺品整理はやめに行おう!/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

名古屋市で空き家を所有の方、遺品整理はやめに行おう!

お役立ち情報,名古屋市緑区
タグ:名古屋市緑区 生前整理,名古屋市緑区 遺品整理,愛知 遺品片付け

みなさんこんにちは、名古屋市緑区で不要品回収を行なっているオールサポート名古屋です。
最近当社に空き家の遺品整理についてご質問される方が増えてきています。 一軒家のご実家にお住いだったご両親が介護施設などに入居されたり、亡くなってしまったときに、実家が空き家になってしまうケースが増えています。 これからもこのようなケースが増えてきてしまうため、他人事とは言えない問題です。
今回は空き家の遺品整理について考えていきたいと思います。
■空き家とは? 空き家とは誰も人が住んでいない家のことを言います。 空き家が増えるのは都市への移動、核家族世帯の増加が原因です。 昔から引き継がれていた一軒家、両親がやっとの思いをして建てた一軒家を子供達が受け継ぐことができずに空き家になってしまいます。 特に地方で多いのが特徴ですが、都市部やマンションの分譲住宅でも起こります。 今現在ご両親と離れて暮らしているという方はいまからでも対策をとっていく必要があります。
■空き家になる場合は早めに遺品整理を行おう 誰も住まなくなってしまった空き家は早めに遺品整理を行いましょう。 空き家の遺品整理をせずにいつまでも放って置いてしまうと様々なリスクが生じてしまいます。 例えば「特定空き家」に指定されてしまうリスクです。 特定空き家とは、自治体が強制代執行を行うことができる空き家のことを言います。 すなわち自治体の判断で空き家を解体されてしまうということです。 特定空き家に指定されてしまうと、解体費用を請求されてしまいます。 空き家の解体費用は1坪あたり3万円以上はかかるため多額な金額が必要になってしまいます。 特定空き家に指定されずご自身で解体を行えば費用の半分を自治体から助成してもらうこともできるため、絶対に特定空き家に指定されるのは避けたいものです。 また、特定空き家に指定されてしまうと固定資産税が6倍になってしまう可能性もあります。
さらに空き家を放置してしまうと倒壊してしまうリスクもあります。 実家の倒壊によって近隣住民に被害が出てしまった場合、空き家の所有者が責任を取らなければならない可能性もあります。
このようなリスクを避けるためにも早めに遺品整理を行い、空き家の管理の準備をしていきましょう。
■空き家にお困りの際はオールサポート名古屋におまかせください。 将来的に空き家になってしまうご実家の管理方法について不安な事がございましたら私たちオールサポート名古屋にご相談くださいませ。