pagetop

遺族が困る遺品とは?生前のうちに整理しましょう。/オールサポート

オールサポート
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

遺族が困る遺品とは?生前のうちに整理しましょう。

お役立ち情報,名古屋市中村区
タグ:名古屋市中村区 不用品処分,名古屋市中村区 不用品回収,愛知 不用品かたづけ

みなさんこんにちは、名古屋市中村区で不用品回収を行なっているオールサポート名古屋です。
今回は遺品整理時に遺族が残されて困る遺品についてご紹介いたします。 もしあなたのお家にも以下の物があるのであれば、一度お家の中の整理を行うことをお勧めします。
■本や書籍 故人が生前読書家であって場合、本が大量に残されている可能性があります。 遺族の中で本がお好きな方がいるのであれば、嬉しい遺品となるかもしれませんが、本を読まない場合、本の取り扱いに頭を抱えてしまうことになります。
■寝具 ベッドや布団、タオルケット、毛布、枕などの寝具も、遺されて困る遺品の一つです。 比較的新しく、清潔な布団であれば選択をして日干しをすれば使えるかもしれませんが、長期間使用した布団を使うのは抵抗があります。 もし処分せずにおいてある不要な布団がお家の中にあるという方は処分をしていきましょう。
■名義登録がされているもの 故人が生前使用していた車やバイク、自転車は相続する際に手続きが必要になります。 車の名義変更で用意する必要があるのが、故人の戸籍謄本、遺産分割協議書、車検書、車庫証明書、相続人全員記載の戸籍謄本、印鑑証明書です。 車を相続するためには役所に出向き、名義を変更するための手続きを行います。 廃車にする場合は、買取業者が行っている廃車手続き代行を利用すると良いでしょう。
■写真やアルバム、手紙 故人の記録が残され、生きていた証である写真と手紙は遺族にとってもたくさんの思い出詰まっていることでしょう。 ただでさえ自分の写真を捨てるのもためらってしまうのに、故人の写真を捨てるとなるととても気が引けます。 生前から写真や手紙はある程度整理しておくことが大切です。 現在では写真をデータに直してくれる業者もあるため利用しても良いでしょう。
当社では、遺品整理、生前整理のお手伝いをさせていただいております。 ぜひ、私たちオールサポート名古屋まで一度ご相談くださいませ。