pagetop

お客様の声/名古屋の不用品回収・粗大ごみ・ゴミ屋敷はオールサポート

オールサポート名古屋
インターネット無料見積り24時間受付中!!
トップ > お客様の声

暮らしを大事にするならハウスクリーニングを依頼しよう!

お役立ち情報
タグ:

業者を使うことは贅沢なことではない

ハウスクリーニングをする場合には、自分で行わずに業者に頼む人もいます。その一方で、業者に頼むのはお金がかかるからと全て自分で行おうとする人もいるでしょう。確かに、業者に依頼すればお金を支払うことになるためその分高く感じるかもしれません。1日あたり一万円程度のお金がかかるのも事実です。

しかし、冷静に考えれば業者を使いハウスクリーニングをお願いする事は決して贅沢なことではありません。なぜなら、業者は手際よくそして素人ではなかなか行うことができない細かい場所までクリーニングをしてくれるからです。もし、お金を払わず自分自身で行うとすれば、業者と同じだけきれいにすることは不可能に近いです。仮にそれだけきれいにすることができたとしても、1日では終わらない可能性も高いです。その結果、自分の時間を失っているのと変わりがありません。

もちろん中には、掃除が趣味と考えている人もいますが、そうでなければ業者にお願いをした方が自分の時間を作ることができると言う意味において、時間が節約でき結果的に安上がりです。

ハウスクリーニングを業者に依頼するメリット

ハウスクリーニング業者に依頼する場合には、そのメリットを確認しておいた方が良いかもしれません。そこで、4つのメリットを見ていきます。

自分の自由な時間が増える

まず1つ目は、自分の自由な時間が増えることでしょう。通常自分で掃除をするとなれば、かなり時間をかけて行わなければいけません。会社員ならば、貴重な休みの日を1日使って掃除をすることになります。せっかく1日休みがあるにもかかわらず、家の掃除で疲れ果ててしまってはもはや休みの意味がなくなってしまいます。

それよりも、その日はゆっくり自分の休みの時間にあててどこか出かけてきても良いでしょう。あるいは、家族で買い物などを楽しむのも1つの方法です。その時間帯に、業者が家をきれいにしてくれるでしょう。家を留守にするのが不安ならば部屋の中で音楽鑑賞や読書をしていても良いかもしれません。

普段掃除しない場所も綺麗にしてくれる

2つ目のメリットは、普段掃除しないような場所もきれいにしてくれることです。部屋の掃除をする場合、床等は普段からきれいにしますが、お風呂場の排水溝やキッチンのレンジフードなどはなかなかきれいにしません。それらの場所をきれいにしたとしても、年に1回か2回程度でしょう。やらない人は1年以上何もしません。

ですがこれを業者に依頼すれば、普段やらない細かい部分や普通の人がやりたがらない部分まで積極的に行ってくれます。

プロの掃除技術で徹底的に汚れを落とせる

3つ目のメリットは、プロの掃除技術で徹底的に汚れを落とすことができる点です。素人が掃除をするといっても、一定レベルの腕はあるかもしれませんが、プロレベルの腕を持っているわけではありません。

例えばトイレ掃除をする場合便器のところに黒っぽい水垢が付いていてなかなか落ちないようなことがあるかもしれません。最近の汚れを落とすことができるかもことができるしれませんが、長い時間をかけて付着した水垢等はなかなか落とせないものです。

しかしプロがこれを行うと、わずかな時間できれいにすることができます。腕前がある事もそうですが、特殊な道具を使っていることも短時間で終わらせることができる理由になります。

掃除道具や洗剤を購入する必要がない

4つ目は業者にお願いをする場合、掃除道具や洗剤をわざわざ購入しなくても良いことです。どの家庭でも、必要最低限の掃除道具はあります。

しかし、本格的に細かい部分まで掃除をするとなると、かなりの種類の道具を揃えなければいけません。それだけでお金が随分とかかってしまいますが、プロに任せればその出費をなくすことが可能です。

ハウスクリーニングを業者に依頼するデメリット

ハウスクリーニング業者に依頼する場合には、メリットだけでなくデメリットもあります。ここでは、デメリットを3種類ほど見ていきます。

自分でやるよりは費用がかかる

1つ目のデメリットは、自分でやるよりは費用がかかることです。部屋全体をきれいにしてもらうためには、10,000円前後のお金がかかる事は少なくありません。そうすると、その分だけお金を支払わなければいけないことになります。

このような意味からすれば確かにデメリットと言えるかもしれません。ただ、やはり素人ができないようなところを任せるならば、お金を払うだけの魅力はあると言えるでしょう。

知らない人を家の中に入れることになる

デメリットの2つ目は、知らない人を家の中に入れることです。家の中には、プライバシーに関するものがたくさんあります。しかも掃除を依頼するとなると、細かい部分まで見られてしまい恥ずかしいと感じる人も少なくないでしょう。

特に初めて対面する業者の場合には、やはり気が引けてしまうものです。これを防ぐためには、大事なものや絶対に人に見られたくないものはどこかに隠しておくことが必要です。家の中であれば衣装ケースの中などが良いかもしれません。車を持っている場合には、車の中に一時的に保管しておくことでこの問題を解決することができるかもしれません。

業者選びや日程を調整するのに手間がかかる

3つ目は、業者選びやその日程の調整に時間や手間がかかることです。まず業者選びといっても、いったいどのような業者に依頼をしたら良いのかわかりません。友達などがいれば口コミなどを聞くことはできますが、知っている人の中にハウスクリーニング業者に依頼したことがある人がいなければ、ネットの口コミを探すしかありません。

業者が見つかったとしても、家族が在宅する日や仕事が休みの日に来てもらう必要があります。それらの日にお願いをしても、たまたまその業者に他の予約が入っていたとすればすぐに日程が決まりません。これを防ぐためには、他の人と予約が被りにくい1ヵ月以上先の日程を選んでおくことが大事です。

ハウスクリーニングを依頼するのに適した時期は?

ハウスクリーニング業者に依頼する場合でも、依頼するのに適した時期が存在します。これを知らないと、余計にお金を支払わなければならないことや、希望している日に予約をすることができない可能性が高いです。そこで、ハウスクリーニングを依頼するのに適した時期を見ていきましょう。

ハウスクリーニング業者の繁忙期はいつ?

ハウスクリーニング業者に依頼する場合、事前に繁忙期を確認しておいた方が良いです。一般的にハウスクリーニング業者の繁忙期は12月です。特に、12月の中旬頃は大掃除の時期と重なり大掃除をハウスクリーニング業者に任せる人が少なくありません。

場合によっては、11月の終わりごろから繁忙期が始まるケースもあります。この時期は、通常料金で行っているところもありますが割増になるケースがあるため金銭的な負担を減らしたいならば避けた方が良いでしょう

閑散期がお得になる場合も!

繁忙期ではなく、あえて閑散期を選ぶとお得にハウスクリーニングを実施してもらうことができます。閑散期は2月や8月位です。この時期は、正月やお盆の帰省でお金を使うことが多くお金がない時期のため部屋や建物の掃除を依頼する人は少ないです。

依頼する時期にこだわりがないならば、あえてこれらの時期を選び綺麗にしてもらいましょう。

繁忙期での依頼は早めに予約を

繁忙期に依頼するとなれば、早めの予約をしておいた方が良いです。なぜなら、希望した日時を予約することができず翌年になってしまう可能性があるからです。

少なくとも、1ヵ月以上前から予約を入れておきましょう。できれば3ヶ月以上前から予約を入れておけば安心です。

まとめ

ハウスクリーニングをする場合には、プロの業者に依頼したほうがいいです。その理由の1つは、時間がかからないからです。自分の時間を無駄にせずプロに任せることができればゆっくりと自分自身や家族のために時間を使うことができます。また、素人が掃除することができないような細かい部分まできれいにすることが可能です。

一方でデメリットは、知らない人を家にあげなければいけないことです。細かい部分まで掃除をするとなると、家全体を見られてしまう恐れがあるでしょう。

ハウスクリーニングに適した時期は、繁忙期以外になります。繁忙期は、12月位になるでしょう。12月は大掃除の時期にもあたります。そのためハウスクリーニング業者の手配をするのは簡単ではありません。しかも、通常の時期よりも料金が1割ないしは2割増になるケースも少なくありません。

これらを考えれば、12月や年末近くなどの繁忙期を避けてクリーニングの予約を入れるのが良いです。

沢山のご依頼を頂き本当に感謝致します!

お客様との思い出
タグ:コロナ対策,不用品処分,便利屋

オールサポート名古屋の浦本です。

 

8月も沢山のご依頼を頂きました。

 

本当に感謝致します。

 

特にリピーター様やご紹介のお客様が多かった月で嬉しく感じております。

 

これからも『依頼して良かった』と感じて頂けるサービスを提供し続ける為に、スタッフ一丸となって励んで参ります。

 

スタッフ画像

知っておきたいタイヤを賢くお得に処分する方法!

お役立ち情報
タグ:

タイヤは粗大ゴミで出せる?

タイヤは何ゴミに当たる?

タイヤは適正処理困難物にあたるので一般のゴミとして処分することができません。

ゴムやワイヤーなどを使用しているタイヤは自治体の廃棄処分では困難であるためです。各自治体によっては、別途料金が発生しますが、処分している場合もあります。

タイヤと一口でいってもぼろぼろの状態の場合まだ新しい状態のものでは、処分方法が変わってくるのです。

処分できるか自治体に確認すると良い

処分方法がわからないからといって、放置したりすると環境問題になるので、古いタイヤはきちんと処分することが大切になります。古くなった不要なタイヤの処分には色々な方法がありますが、粗大ゴミに出すことができないようになっています。

粗大ゴミに出すことができないので、きちんと調べてから処分することが必要になります。確認しないで粗大ゴミとして出してしまうと、まわりの住民や自治体の方に迷惑がかかってしまうことになるので、注意する必要があります。

主なタイヤの処分方法4選

車を購入したお店で引き取ってもらう

販売店で車購入した場合などタイヤを処分してくれることがあります。安い処分費用で、引き取りをおこなっていることがあるので一度問い合わせてみることをおすすめします。

カーディーラーでも引き取りしてくれる場合があります。お店によっては廃タイヤを引き取ってくれる場合もあったり、タイヤを交換するときに引き取ってもらえる場合などがあります。正規ディーラーよりも良心的な価格で処分してくれるので、中古車ディーラーがおすすめになります。

中古車ディーラーは、さまざまな車種を取り扱っていることが多いので、車種に関係なくタイヤの処分を格安でおこなってくれることがあります。個人経営の自動車店であれば、顧客との関係を大切にすることが多いので、お付き合いが長ければ長いほど要望に応えてくれることが多いです。昔からお世話になっている自動車販売店などがあれば、一度確認するとよいでしょう。

車用品やタイヤ専門店に持っていく方法

タイヤを交換するときに処分を依頼することができます。
新しく購入したタイヤを購入したときに、古いタイヤを引き取る方法が一般的になります。お店によって手数料がまちまちになるので、どのくらいの手数料がかかるのか聞いてみましょう。高い手数料の場合もあるのでタイヤを購入する前に、事前に確認した方が良いでしょう。

新しく交換するときの取り付け作業と一緒に頼むと今つけている古いタイヤを引き取ってもらうことができます。またインターネット上でもこのようなサービスをおこなっている店舗もあり、自宅で簡単にタイヤの購入や取り付け・引き取りの予約を取ることができるのでとても便利です。

近所のガソリンスタンドで処分する

家の近くにあるガソリンスタンドでもタイヤの処分をしてくれることがあります。ただし無人のセルフでの営業をしているガソリンスタンドではなく、スタッフがいるガソリンスタンドに限ります。

ガソリンスタンドは、パンクしたときや急な積雪などでタイヤ交換をすることが多く古いタイヤを多く取り扱っています。手数料は店舗によってさまざまですが、1本あたり300円から350円という価格で処分してもらえるので、非常にリーズナブルな価格で利用することができます。

同じチェーン店でも価格が変わってくることがあるので、事前に確認をして一番リーズナブルな価格のガソリンスタンドにタイヤの処分を依頼するとお得です。

リサイクルショップに持っていく

リサイクルショップは不要になったものを買い取ってくれるお店になるので、要らなくなったタイヤを買い取ってもらうことができるケースがあります。リサイクルショップで引き取ってもらうことができるタイヤは、

・状態が良いもの
・あまり劣化していないもの
・タイヤの溝が7分山以上あるもの
・ホイールがついているもの
4本セットになっているもの
有名なメーカーのもの

などは、買い取ってもらいやすくなります。

とくにホイールは価値があるので高額査定をされることがあります。あまりに状態がわるい場合は、買い取りしてもらうことができない場合もあります。リサイクルショップで売ることができれば、処分にかかる費用が要らなくなるだけでななく、お金が手元に入るのでとてもお得になる方法です。

どうしても手間をかけたくない場合は業者に依頼する

4つのタイヤの処分方法を紹介したのですが、この処分方法だとお店に直接出向く必要があるので非常に手間と時間がかかってしまいます。仕事などで忙しい方は、店舗まで持参することが難しくなることが多いです。どうしても手間をかけたくない方には不用品回収業者に依頼する方法があります。不用品回収業者は自治体が回収することができない不用品を回収している業者になります。

不用品回収業者に依頼するメリット

用品回収業者にタイヤの処分の依頼をすると自宅まで取りにきてくれることが最大のメリットになります。わざわざ店舗まで行かなくても、指定した日時に引き取りに来るので、利用するととても便利です。

タイヤの本数が多い場合またはタイヤを持ち込む手段がない場合などは、店舗に持ち運ぶのも大変な作業になるので、そういった場合は不用品回収業者を利用すると良いです。

不用品回収業者に依頼するデメリット

費用がたくさんかかる点です。業者が自宅まで来てくれるので、出張費や運搬費などがかかるようになります。
処分の費用を低く抑えたい場合は、向いていない方法です。自宅に引き取りに来てくれる不用品回収業者もありますが、トラックで街中を周回している不用品回収業者もあります。

不用品のアナウンスを流しながら不用品の回収をしているので、見かけたら依頼してみるのも良いです。不用品回収業者はさまざまあるので、依頼する場合は口コミなどの評価を見てから依頼することをおすすめします。まれに悪徳業者が存在して、高額な費用の請求をされるケースもあるので、注意する必要があります。

最近では無料で見積もりをおこなっている業者も多いので、さまざまな業者から見積もりの請求をして、比較してから依頼するようにしたらよいです。

まとめ

タイヤは適正処理困難物になるので、一般のゴミのように処分することができないです。
タイヤを処分する場合は、粗大ゴミで出すことはできないので注意する必要があります。自治体によっては、回収してくれるケースもまれにあるので、自治体に問い合わせをしてみると良いです。

処分方法は、ガソリンスタンドや車販売店・カー用品店などがあるので、処分費用などを考慮して一番良いと思うところに依頼すると良いです。きれいな状態の中古のタイヤの場合リサイクルショップや、中古車販売店で買い取ってもらうことができます。パンク歴がなく購入して3年未満のタイヤの場合は、高額で買い取ってもらうことができます。

時間がなくて忙しい方は、不用品回収業者の利用をおすすめします。自宅など指定した場所までタイヤを取りに来てくれるのでとても便利です。ほかの処分方法よりも費用がかかってしまうので、処分にコストをかけたくない方には、向いていない方法になります。

こんな時どうする?遺品整理で処分に困る物

お役立ち情報
タグ:

遺品整理作業ででてくる困りごと

所有物が不要になったとき、どのように処分すれば良いのか迷った経験がある人は多いでしょう。自分のものでもそうなのに、他人のものを処分するときはなおさら困ることになります。

 

なぜなら、身内が亡くなったときは遺品整理をしなければならないからです。一般的に故人はさまざまなものを持っているので、単純に廃棄していくわけにはいきません。個別にどのように処分すれば良いのか考えて、適切に進めていくことが求められます。

 

誤った方法で処分すると、トラブルに発展するケースもあるので注意しましょう。むやみに捨ててしまうと、法律に抵触してしまうケースもあるので、事前に捨て方をチェックすることが大事です。

処分はできるが、処分に困るもの

処分しにくいものは、いくつかのカテゴリに分けられます。そして、スムーズに捨てられない理由もカテゴリによってさまざまです。

 

どのような理由があるのか把握したうえで、解決策を検討することが必要になります。以下に挙げるのは、多くの人が困りやすいものなので最初に押さえておくと良いでしょう。

写真(故人が写っているものや故人が撮ったもの)

写真には金銭的な価値はほとんどありません。しかし、故人の想いがつまっているという点ではとても貴重です。そのような写真を捨てることに抵抗を覚える人は多いでしょう。

 

だからといって、すべてを保存しておいてもスペースをとってしまいます。遺族が今後も見たいと思うものだけを残し、それ以外のものは思い切って廃棄しましょう。

 

心情的に難しい場合は、スキャナを利用してデジタルデータとして保存しておくという手もあります。手間がかかるという問題がありますが、写真を送るとデジタルフォトにしてくれる業者もあるので、そちらの利用も検討してみましょう。

現金や商品券(まだ使えるもの)

遺品整理をしていると、多かれ少なかれ現金を発見することになるでしょう。

故人が貯めていた場合もありますし、本人すら置き忘れていたケースもあります。タンスの奥などにへそくりとして隠していることも少なくありません。それらが高額であることもよくありますし、大量の商品券が見つかったというような事例もあります。

 

いずれにせよ、金銭的な価値があるので簡単に処分するわけにはいきません。そもそも現金に関しては、高額なら相続税がかかるケースもありますし、少額だからといって勝手にもらうと親族間のトラブルに発展するケースもあるので注意しましょう。

 

そのため、相続の対象としてよく話し合うことが重要になります。商品券に関しても基本的には同じですが、こちらは金券ショップで現金化することも有効です。大手なら100%に近い金額で買い取ってくれるケースもあります。

食品や調味料(賞味期限切れとそうでないもの)

食品や調味料が残っていた場合、基本的にはすべて廃棄しましょう。

特に期限切れのものに関してはすみやかに処分しなければ悪臭の原因になりかねません。そうなると、自分だけでなく、近所の住民にも不快な思いをさせることになるでしょう。

処分に手続きや簡単に処分できないもの

以下に挙げる品々のなかには、勝手に捨てると不法投棄と見なされるものも含まれています。また、まだ使えそうだからといって、自分の所有物にするとさまざまな不都合が生じるものもあります。具体的にどのような問題が潜んでいるのか考えながら、適切に処分していくことが重要です。

医薬品

医薬品はすべて廃棄することが基本となっています。これには例外はなく、市販だけでなく医師に処方されたものも同様です。いずれにせよ、医薬品の効果は人によって異なります。故人にとっては有益だったものも、別の人が使えば毒になることもあるのです。

 

たとえ新しくても再利用しようと思ってはいけません。未開封なら問題ないと思いがちですが、そのような安易な気持ちが重大な健康障害を引き起こすことも十分にありえます。リスクを踏まえたうえで、すみやかに処分するように心がけてください。

 

ただし、医薬品の種類によっては自分で処分することが不適切なものもあります。不使用の場合は病院や薬局に戻すことがルールになっているケースもあるため、事前に問い合わせておいたほうが安心です。

 

医薬品を投与するための注射器などがある場合も、うかつに処分しようとしてはいけません。感染症にかかってしまうリスクがあるので、やはり病院などに問い合わせたほうが良いでしょう。専門性の高いものなので独自の判断は禁物です。

自動車・バイク・自転車

自動車は一般的に高額であり、相続の対象として扱われることが一般的です。もし引き取る場合は、それも考慮したうえで名義変更を行わなければなりません。所有者がすでに亡くなっているので、一般的な手続きとは少し異なる点があります。通常の書類だけでなく、遺産についての書類なども必要です。

 

廃棄を選択する場合も同様であり、いったん名義変更して自分のものにしてから処分します。また、バイクに関しては廃棄の手続きをするのが一般的です。ナンバープレートから管轄の自治体を判断してそこの役所で手続きしてください。自賠責保険の解約のために保険会社に連絡する必要もあります。

 

なお、自転車に関しては粗大ごみとして処分することを考えましょう。リサイクルショップに売ることも可能ですが、いずれにしても防犯登録を抹消しなければなりません。

趣味で収集した骨董や刀剣

遺品の中には故人がコレクションしていたグッズが含まれていることも多いです。骨董や刀剣は専門業者に査定してもらうと驚くほど高い値段がつくことも少なくありません。すぐに廃棄するのではなく、査定を依頼することも検討しましょう。

 

また、専門家に見てもらったほうが良い理由は他にもあります。独断で所持していると、銃刀法違反の扱いでトラブルになるリスクがあるからです。故人は許可を得て持っていた可能性がありますが、素人ではその判断が難しい場合もあります。刀剣を発見したときは慎重に対処することが不可欠です。

まとめ

以上のように、遺品のなかには処分に困りやすいものが含まれているケースがあります。遺品整理を任されて、そのようなケースに遭遇したら、いったん手を止めてください。そのうえで、これから自分がどのように作業を進めていくべきかよく考えてください。

 

面倒だからといって、いい加減に対応してしまうと、かなり高い確率で後悔することになります。親族間トラブルや法律トラブルに発展してしまうケースも珍しくありません。そのような事態になれば、故人への想いまで良くないものに変わっていまう可能性があります。

 

事前に正しい対処法を把握していれば、これらのトラブルは回避しやすくなるので、少なくとも今回紹介した内容は理解しておきましょう。

空き家を整理して有効活用!上手に費用を抑えた片付けと活用方法とは?

お役立ち情報
タグ:

空き家は放置すると危険!

資産価値は下がる一方

空き家の放置はそれ自体が危険で、場合によっては罰金が科せられることがあるので注意が必要です。資産価値は下がる一方で魅力が低下していきますから、そうなる前に空き家対策を検討することが不可欠です。そもそも人が住まない住宅は、住んでいる住宅と比べて傷みやすくなり、やがて誰も欲しがらない家になってしまいます。

これでは家が勿体ないですし、折角の資産価値を無駄に放置するのと同じですから、やはり空き家の放置はNGです。逆に人が住めば資産価値を保てますし、貸したり売るといった選択肢を手元において、ベストなタイミングを見計らうことができます。空き家を放置するということは、その選択肢すらも捨ててしまうことを意味します。

倒壊による損害賠償リスク

倒壊による損害賠償リスクもまた、空き家の放置における危険と問題の1つです。
資産価値が下がるだけならまだマシですが、建物の劣化が激しくて倒壊となれば、被害が発生して損害賠償ということにもなり得ます。最初は外壁が崩れる程度ですが、次第にガラスが割れて飛び散ったり、建物の一部が壊れて落ちるといったことに繋がります。それ以前に景観の悪化が指摘されたり、近隣住民の感情を損ねることになりますが、それでも放置を続けると実害が発生して自分自身に影響が及びます。

その1つがまさに損害賠償で、道を塞ぐような倒壊が起こったり、誰かに怪我をさせてしまうことがあると大変です。倒壊といっても建物だけでなく、立地によっては自然災害の被害を拡大する切っ掛けになったり、広範囲に被害が及んで損害賠償額が拡大することもあり得るので注意です。

犯罪者の溜まり場になるケースも

その他空き家を放置することによる危険になるもので、犯罪者の溜まり場になるケースの場合です。空き家は人が住んでおらず、誰も近付かないからこそ空き家ですから、犯罪者にとっては格好のターゲットとなります。

例えば隠れ家的に使用したり、犯罪に関わる物を隠す場所などに悪用される恐れがあります。可能性が高いのは溜まり場になるケースで、近隣住民の生活を監視したり、隙を見て空き巣に入るなども考えられます。いずれにしても、犯罪の切っ掛けが空き家だと、空き家を管理する人にも責任が出てきますから、犯罪者に悪用されない対策が重要です。

空き家の活用方法3つ

賃貸物件として貸し出す

賃貸物件として貸し出す方法は、空き家の活用法として割と珍しくなくむしろ現実的です。家を他人に貸し出すのに抵抗感を覚える人もいますが、当面誰も暮らす予定がないのであれば、思い切って貸し出した方が得するでしょう。

何より家賃収入が得られますし、売却ではないので将来的に住むことも可能です。また契約期間や家賃なども決める必要がありますが、空き家のまま放置するデメリットを考えれば、賃貸物件として貸し出すのは手間を含めてもメリットが上回ります。

コミュニティスペースとして活用

空き家を活用する有力な選択肢の1つとして、コミュニティスペースとして活用するのものです。コミュニティスペースといってもスタイルは様々ですが、主に地域の人達が利用する場所として提供することになります。

交流を目的に空き家が有効活用できるので、地域の活性化に貢献できますし、資産価値が保てるといったメリットもあります。実は、空き家のコミュニティスペースの活用事例は全国的に増えており、空き家問題を解消する一端を担っています。

民泊・カフェを作る

民泊若い人や外国人観光客向けに、比較的手頃な料金で宿泊場所を提供する取り組みです。予約できる仕組みを用意したり、ルールを設けて使ってもらうなどの工夫は必要ですが、民泊の活用事例も珍しいものではないです。

カフェも割とよくある空き家の有効活用で、コミュニティスペースに通じるところもありますが、集まって交流するのが目的か、飲食を主な目的とするかで違います。

業者に依頼して整理の手間を減らす

空き家を有効活用するにはまず、整理をしてから活用を考える必要があります。

業者に依頼するメリット・デメリット

業者に依頼するメリット・デメリットは、依頼した通りに分別してもらえたり、必要に応じた処分を行ってもらえるのがメリットです。
業者なのでそのあたりの要望をよく理解していますし、空き家の有効活用に精通する業者であれば、有効活用を前提とした対応をしてくれるでしょう。清掃やニオイ対策も任せられるので、ゴミ屋敷のような空き家も綺麗になります。

ただ業者も他人ですから、全て希望した通りにやってくれるとは限りませんし、丸投げではなくコミュニケーションを図って指示を伝える必要があるのは、その手間がデメリットです。

不用品回収業者に依頼する場合

不用品回収業者に依頼する場合は、トラックで出張してもらい、使わない物をまとめて回収してもらえます。回収後は運んで処分してくれますから、自分でトラックに積み込んだり、運転して捨てる手間が省けます。大型の家具や家電は特に、1人では運びにくく人手も必要ですから、身近に頼れる人がいないと困ります。そんな時にも不用品回収業者なら電話1本で駆け付けてくれますし、処分に悩むような大型の重量物も、運べる物なら持っていってくれます。

業者によってはその場で査定や買取を行い、現金化で回収費用を安くしているところもあります。範囲や運んで欲しい物を指示すれば、その通りに積み込んで運びますから、大量の不用品や大きな物、重たい物を任せるのに最適です。

生前整理・遺品整理業者に依頼する場合

生前整理・遺品整理業者に依頼する場合は、本人に捨てても良い物か確認したり、思いでの品や貴重品とそれ以外に分けることになります。生前整理は元気なうちに財産を処分したり、要らない物を減らすといったことを指します。生前整理をしないと、遺族にその負担が掛かってしまいますから、家族任せにしたり先送りにしないことが大切です。

プロの業者なら頼りになりますし、進まなかった空き家の整理も進みやすくなるので、整理を手間に感じたり作業が一向に進まないなら業者に相談をおすすめします。もし家族が亡くなり遺品整理が必要になっても、遺品整理業者に相談すれば、資格を持つ人に手間の掛かる整理作業を任せることができます。

片付け費用を抑えるポイント

行政サービスを利用して不用品を減らす

これは片付け費用を抑える上での基本的なポイントです。自治体が提供する大型ゴミの回収は、有料ながらもお得に不用品を回収してもらえるメリットがあります。テレビのように、回収対象外の物もあるので確認が必要ですが、家具類であればまず持っていってもらえます。

回収対象や金額は自治体によりますが、椅子やテーブルのような物でも、数百円から1千円くらいで回収が受けられます。また自分で持ち込める自治体もありますから、回収が待てない場合は車を用意して自分で運ぶことができます。まだまだ使える物は、リサイクル対象として回収した後に再利用されますから、捨てるのが惜しいならリサイクルで回収してもらいましょう。

不用品を友達に譲ったり、買取に出す

不用品を友達に譲ったり、買取に出すのも、片付け費用を抑えるのに役立ちます。友達に限らず、周りに欲しい人はいないか聞いて回るのは、不用品を捨てずに譲る効果的な方法となります。身近な人にも伝えて欲しいとお願いすれば、不用品の話が伝播して欲しがる人が現れるでしょう。

欲しい人が見付からず、捨てるしかないと思われる場合でも、買取査定に出してみるのは賢明です。査定で価値が付けばラッキーですし、価値がないと判明しても、お店で引き取ってもらえる場合があります。ネットのフリマアプリやオークションで買い手を探すのは手間ですが、身近な買取店であれば持ち込めますし、大量なら出張してもらえることもあるので便利です。

まとめ

空き家の放置資産価値の低下、それと倒壊による損害賠償のリスク犯罪者の溜まり場になる危険などがあります。空き家には賃貸として貸し出したり、街のコミュニティスペースや民泊、カフェといった様々な活用方法が存在します。有効活用の前には整理が不可欠ですが、業者に依頼することで大幅に手間が減ります。費用は行政サービスの利用で不用品を減らしたり、友達に譲る、買取に出すなどで抑えることができます。

空き家は扱い方1つでメリットをもたらしたり、デメリットばかりにもなるので、活用する方向で価値を上手く活かしたいところです。そのまま放置しても良いことは何もありませんから、不用品や遺品に手付かずで空き家の扱いに困っているなら、まずは業者に相談するなどして整理を進めましょう。

不要な机は賢く処分しよう!処分方法5選

お役立ち情報
タグ:

机の処分方法

在宅ワークに伴い、パソコン用の机を購入したけれど在宅ワークが終わればそれは不要なものになりがちです。また、従来机を使っていたけれども新居に越すときに別の物を買うので不要になることもあるのではないでしょうか。どのような机の処分方法があるのか順番に説明することにしましょう。

粗大ゴミに出す

粗大ゴミ回収は、事前に予約が必要になることや処分品を予め決められた場所に出さなければならないなど、意外と面倒に感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

ただ、粗大ゴミ回収は自治体が特定の業者に回収を委託し、その業者は自治体により審査が行われている優良業者などからも、不法投棄などのリスクがゼロといったメリットがあります。

粗大ゴミ回収の中にはリサイクル品を持ち込みして引き取ることができるサービスもありますが、一般的な粗大ゴミ回収とは異なり大切に使っていたものをリユースして販売するなどからも、新しい持ち主の手に渡るなどのメリットを持ちます。

購入したお店で引き取ってもらう

最近は、ネット通販を利用して机を購入されている人も多いのではないでしょうか。ネット通販などの場合は処分品を引き取るといったサービスを行っているところは少ないのですが、実店舗などで購入した場合にはそれを引き取ってくれるお店も少なくありません。

この場合、輸送料や処分手数料などお店により異なりますので、他の方法と比べて安ければ利用するなどの考え方がおすすめです。

不用品回収業者に依頼する

不用品回収業者を利用すれば、粗大ゴミ回収では引き取ってもらえないリサイクル家電やモニターを含むパソコン類なども回収対応してもらうことが可能です。ただ、不用品回収業者の中には無許可営業を行っているところも存在しているため、利用する際には許可を得て営業しているのか否かの確認が大切です。机1点でも回収してもらえますが、まとめて処分するものがあるときなど便利な存在といえましょう。

ちなみに、不用品回収業者はお金を支払い不要なものを処分する専門の会社になりますが、古物商許可を持つ会社などでは価値ある商品であれば買い取りに応じてもらえることもあります。机に価値があると認められると現金化ができるメリットもあるので事前に問い合わせを行って買い取りの可否を確認する方法もおすすめのやり方です。

リサイクル業者やフリマアプリで売る

街中にあるリサイクルショップなどでも机を買い取りしてくれるケースがありますが、リサイクルショップを利用するときのポイントとして、流通経路が豊富にあることや収容力を持つ倉庫を持つところを選ぶなどが挙げられます。小さなお店などの場合、大きな机を店舗内などに置いておけばスペースを取ってしまい他の商品の展示ができません。

しかし、倉庫を持っているようなリサイクルショップであれば、いったん倉庫に保管をしておいて、お客さんからの要望で店舗に持ち込むなどの方法をとっているお店もあります。流通経路が豊富にあるリサイクルショップは、購入した商品を流通できる先が豊富にあるなどからも高価での買い取りになることもあるようです。

分解して燃えるゴミで出す

机が木材でできているものであれば、のこぎりなどを利用して細かく分解して燃えるゴミに出すやり方もあるのではないでしょうか。燃えるゴミは30センチ以下であれば収集してもらえるといわれており、大きな机でも30センチ以下のサイズにカットしてから、紐を使い持ち運びがしやすい状態にする事で処分することもできます。

木材以外の部品がある場合も、まとめて出すことができる地域もありますので、お住いの地域を管轄する自治体のホームページで確認しましょう。

売れるテーブルの特徴3つ

粗大ゴミ回収は、不法投棄などのリスクがないけれども基本的には有料での処分になります。リサイクルショップや中古家具を販売しているお店や、古物商許可を持つ不用品回収業者などを利用して、できれば現金化ができないだろうかなどと考える人も多いのではないでしょうか。

 

売れるか否かの判断にはどのようなものがあるのか、3つに分けてご紹介します。

 

人気のインテリアブランドの机

イタリアやフランスなど、海外の人気インテリアメーカーの机や日本の中でもインテリアブランドともいえる知名度が高いメーカー品などは、比較的高価買い取りになりやすい机の種類といわれています。


不用品回収業者で古物商許可を持つ会社などでも売ることはできますし、リサイクルショップなどでも売れる可能性が高いのが人気インテリアブランド机です。ただ、このような机を売るのであればモノの価値を熟知している中古家具のお店などがおすすめです。


人気のインテリアブランドと一口にいっても様々で、売りたい商品のことを熟知している査定員がいるお店を使えば高価買い取りの可能性も高まります。

PCテーブルなど在宅ワークに使えるもの

在宅ワークをされる人が増えていることからも、パソコン用のテーブルは需要が高めです。
特に、電源ゲーブルやLANケーブルなどのケーブル類を整理できるような机は売れる可能性を高めますし、天板の荷重が大きなものなどは、デスクトップPCとモニター2台などを使うユーザーからの注目を集める机の種類の一つです。

なお、在宅ワークで利用できるパソコン用デスクは、ローテーブルや椅子に座るタイプなどの種類に関係なく買い取りしてもらえる可能性があります。

イスなどがセットで揃っている

ダイニング用のテーブルは、家族3人や4人それ以上の人数で使う大型の机や、テーブルを購入するときには椅子もセットになっているものを選んでいる人は多いのではないでしょうか。


椅子と机がセットになっているものは、同一メーカー品であると同時にデザインそのものがマッチしているなどの特徴もあります。中古品を購入する人も、机と椅子がセットになっていれば個別に探す必要もありませんし、セットで揃っているものを買えば両者ともにインテリア感覚で使えるなどのメリットもあるわけです。

売れない机の特徴3つ

人気ブランド机なら必ず売れる、在宅ワークに使えるパソコン用テーブルなら売れるなど考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、売れるか否かは机の種類や汚れや傷などにより変わることもあり、中には売れないケースもあることも覚えておきましょう。こちらでは、どのような机が売れないのかその特徴を3つご紹介します。

目立つ傷や汚れがある

人気ブランドのデスクを使っていたけれども、スペースが狭くなり処分をしたいといったケースも少なくありません。人気ブランド机でも目立つような傷が付いてしまっている日焼けなどにより木材表面の塗装が剥がれて毛羽だってしまっているなど、状態が悪いものは売れないこともあるようです。



塗装が剥げてしまうと、それを補修するためにはすべての塗膜を剥がしてから再塗装をしなければならないなど手間を要することになり、その手間を考えると価値がほとんどゼロに近い状態になることも少なくありません。そのため、目立つ傷や汚れが付いているようなものは売れないもしくは売れても買い取り価格が下がる傾向があります。

運搬が困難なもの

机の中には、重量があまりにも重くて簡単に運搬ができないなどのケースもあるのではないでしょうか。大理石などの材質などは、運搬が困難になるため小さなお店などでは買い取りそのものを断られてしまうケースがあるようです。

買い取ってくれるお店や会社などにもよりますが、机のサイズが車両よりも大きなもの、例えばライトバンなどのような車両のときには運搬が困難になり、売れない・引き取って貰えない要因の一つとなります。ただ、中古家具の専門店などでは、大型トラックを保有していて対応が取れるところもないわけではありません。

組み立て式の机

ネット通販などで、見かけることが多い家具の種類の一つに組み立て式があります。組み立てに時間を要するか否かではなく、一度分解すると再び組み立てが難しかったりねじ山に不具合が生じるなど組み立てられなくなることもある、これらのことからも組み立て式は売れない可能性があるといわれています。

なお、組み立て式の家具類は、分解することを想定して作られていませんので、売る場合にはそのままの形で売却することを考えるなどがおすすめです。

まとめ

机はあると便利だけど、部屋が狭くなって邪魔になってしまうこともあります。机の処分にはいろいろな方法があるけれども、大切に使い続けているものであればそれなりの価値があり、粗大ごみ回収などを利用してお金を払い処分するよりも、こちらで紹介した方法で行えば価値に見合う金額のお金に変えることができます。

こちらで紹介している机の処分方法は、お金を支払うやり方と現金化ができるやり方、そしてお金が一切かからないやり方の3つにわけることができます。有料の場合ではどのくらいの費用が掛かるのか、買い取りに応じて貰える場合にはどのくらいの金額になるのか見積もりを依頼して確認しておきましょう。


机を分解して燃えるゴミに出すやり方は、小さなものであれば可能でですが、ダイニングテーブルなどのような大きなものは労力を使います。しかしながら、のこぎりなどを使い30センチ以下のサイズに分解すれば燃えるゴミに出せる、このような知識を持つことも大切です。

【名古屋市南区】不用品回収作業

名古屋市南区エリア
タグ:不用品捨て,便利屋さん,冷蔵庫,回収業者

愛知県一宮市・三重県鈴鹿市の2店舗にて不用品回収・遺品整理・出張買取など暮らしのお片付け代行サービスを行っております。

今回は名古屋市南区にて不用品処分のご依頼を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

作業前と作業後のお写真を撮影させて頂きます。

※掲載させて頂くお写真は一部です。

家具・家電製品・生活雑貨など梱包から搬出まで弊社スタッフにお任せ下さい!

・お急ぎの方!

・費用を抑えたい方!

・何から始めて良いかわからない方!

皆様のご希望やお悩みをお聞かせ下さい。

お客様のニーズに沿ったプランを複数ご提案させて頂きます。

お片付け作業は体力も気力も必要な事が多いと感じております。

お片付け・リサイクル・リユースを通じてお客様と環境保持の

少しでもお役にたつ事が出来れば幸いです。

些細な事でもお気軽にお問合せ下さい。

 

《ご依頼を頂いたお客様へ》

この度は数ある業者の中から弊社をご指名頂き誠にありがとうございました。

写真撮影と掲載にもご協力頂き感謝致します。

作業内容はご満足していただけたでしょうか?

安心して任せる事の出来るスタッフ・会社を目指しております。

これからも何卒、宜しくお願い致します。

 

オールサポート名古屋 

見積担当:古根

スタッフ一同

地域密着【名古屋市】不要品処分 

名古屋市熱田区
タグ:不要品,口コミ,店舗

名古屋市を中心に愛知・岐阜・三重の東海エリア全域にて不要品処分・出張買取・遺品整理など暮らしのお片付け代行サービスなら弊社にお任せ下さい!

専門知識を有するスタッフが責任を持って対応させて頂きます。

些細な事でもお気軽にお問合せ下さい。

 

         

【名古屋市東区】マンション1室 全回収作業 《不用品回収&お引越し》

名古屋市東区
タグ:不用品買取,口コミ,片付け代行

愛知県一宮市・三重県鈴鹿市を拠点に愛知・三重・岐阜の東海エリアにて不用品回収・出張買取サービスを行っております。

オールサポート名古屋です。

今回のご依頼はマンション1室の全回収作業とお引越しのご依頼を頂きましたのでご紹介させて頂きます。

 

《名古屋市東区 マンション1室 全回収作業 不用品回収&お引越し》

【回収品】画像有

【作業時間】約6時間

【総額】¥342,100- (税込)

※作業料金は回収品や物量・お買取りの有無によって変動致します。

 

この度は、数あるお片付け業者の中からオールサポート名古屋をご指名頂き誠にありがとうございました!

見積担当:古根

作業責任者:池田

スタッフ一同

三重県四日市市の不用品回収・出張買取 【三重エリア拡大中】 

三重県四日市市
タグ:三重県四日市,不用品,買取り,遺品整理

三重県四日市市の不用品回収・出張買取ならオールサポートにお任せ下さい!

ご自宅で不要となった家電や家具を回収致します!!

お電話1本でご自宅までお伺いさせて頂きます。

お見積りは無料!(^^)!

お急ぎの方はお気軽にアポインタースタッフへお申しつけ下さい。

皆様からのお電話をお待ちしております!!